ミニチュアクレイクラフト パンの額が完成しました ☆ミニチュアクレイクラフト☆

樹脂粘土でつくるミニチュア雑貨・可愛いもの好き女子の粘土教室& カルトナージュ教室の 相子麻美(あいこまみ)です。

一番町・たまプラーザ・宮前平で ミニチュア粘土・ミニチュアクレイクラフト・カルトナージュのレッスンをしております。

 

 

o0450055112881915609

生徒さまの作品です。

ミニチュアクレイクラフトのパンの額ができあがりました。

チョイスされた額縁がフランスの高級なパン屋さんを想像させますよね。

実はこの額縁野菜の額とも一緒で全て同じものをお選びいただいているんですよ。

お部屋に飾るときも統一感がうまれますね。

こちらの生徒さま とっても熱心でいつも「もっと宿題ください。 お家でやってきたいです。」と少しお教えするだけで飲み込みも早く次回のレッスンまでに必ずきちんとパーツを制作してきてくださいます。

そういう方は上達も早いですね。

好きで好きでどんどん作る・・・当たり前のことですが、上達の近道です。

 

おひとつおひとつのパーツがとても丁寧に作られています。

ティーセットやウェルカムボードのバラの絵も見事に描かれていますね。

サンドウィッチにはさむキュウリやたまご 全て作っていただきますよ。

チョコレートコルネにもクリームが入っています。セロファンもついていてホンモノそっくりですよね。

ミニチュアクレイクラフトでは、野菜の次にパンを制作します。

野菜は、カラフルな色を扱うのに対してパンは焼き色をつける前の単調な肌色のような色の粘土だけで制作していきますので、生徒さまによってはテンションが下がるダウン方もいらっしゃいます。

途中焼き色を付けたり、クリームを絞ったり 少しづつデコレーション作業を取り入れながら、楽しみながらできるようレッスンを進めています。

産休開けたら、またぜひ今度はケーキの額を作っていきましょうね。

ミニチュアクレイクラフト新規生徒さま募集中です。

日曜日の午前レッスンに空きがでました。どうぞこちらのお申込みフォームで最新版の残席状況をご確認くださいね。

 

 

Topへ