カメラ講座メールマガジン

 

 

 

カメラって安い買い物ではないので慎重に選びたい。でも沢山ありすぎて何を買っていいかわからない。

レンズも色々ありすぎて、作品を撮影するためにコスパもよくて一番最高のレンズが知りたい。

一眼レフを昔買ったのだけど、結局使い方がよくわからなくてオートモードしか使っていません。重たいし、スマホの方がきれいなんじゃないかしら

インスタでみる素敵な写真を撮影してみたいのだけど、私にでもできるのかしら。

作品が売れる撮影って知りたい。私の作品の写真ってショボイの…。

今ドキのスマホとの違いをちゃんと知りたい。

私は、自分の作品が上手に撮れるための一眼レフが欲しい!でも何を買っていいかわからないし、予算内で買いたいの。

レンズを交換したり、一眼レフってやっぱりハードルが高いな

ゆるふわ写真に憧れる~~かっこいい写真にも憧れる~~ でもアレって一部の人しかできないのよね

背景が黒いところでかっこいい写真を撮りたいのだけど、明るくすると灰色っぽかったり、暗くすると真っ暗で何を撮っているかわからない。

真っ赤なものは真っ赤、ちゃんとした色を出す方法を知りたい。

 

 

 

 

 

 

  1. 「ブログ集客でカメラを導入したらアクセス・お申込みどちらも一気に増えた理由」
  2. 加工技術がどんなに普及しても撮影が計算し尽されてないと加工は無駄でしかない
  3. 満席を作る写真画像の「センス」に必要なたった1つのこと
  4. 感動迫る写真には「論理」があり「まぐれ」は通用しない確固たる技術があると大成功します!
  5. 撮影は写真の完成形まで計算するとセンスアップします!
  6. ブログ集客を実現させるのにカメラの威力は「一瞬」です
  7. ブログ集客に画像を最優先にすると7倍集客力が上がる理由
  8. 【ご質問】ブログ集客に一眼レフとミラーレスオススメはどちら?
  9. 安い予算でもオススメのカメラがあります!
  10. 憧れのひとつである「ボケ感」をだしたい方へのオススメ
  11. 語らずして相手の心を揺さぶることができるのがカメラ
  12. ブログ集客でクリック率を上げた画像の神仕様!
  13. なんと!煌めき感・透明感・色艶感・ドラマチック感を出すのはマニュアルモードにあり!
  14. 安心して!一眼レフの操作は3つをマスターすれば攻略できる!
  15. 効果的なカメラ撮影の練習方法
  16. 撮影の力を手にいれる効果的なカメラの練習方法を公開します。その2
  17. カメラの腕はスモールステップで上達します
  18. 画像アプリ全捨て、世界標準の画像ソフトが本物です!
  19. ブログ集客で人を惹きつける加工画像は本物の感動に近づけることです
  20. 自宅で素人でも●●から作り出すと美しい写真の始まりです。
  21. 素人でも一眼レフで憧れの「ぼかし」を表現する方法?
  22. テンプレートのように簡単に当てはめて撮影できないでしょうか。
  23. 衝撃の真実 写真がよくないだけで集客率が落ちるのは当然これは大変です!!!!!
  24. ブログ集客にとって求められている写真は高度なものではない真実
  25. ブログを更新しなくても圧倒的な存在感と集客力をつけるのは実はカメラしかない

 

総合商社を経て、IT外資企業人事部に転職。

人とのお付き合い、コミュニケーションが得意で好きであったことから、配属部署の人事部は天職だと感じていた。

結婚・出産を経て、2012年ミニチュア粘土の教室を立ち上げる。

作品をどうやったら可愛くブログにアップできるかを試行錯誤していくうちにM&Mの「Photoshopエレメンツ」の画像加工に出会う。

Photoshopエレメンツはただの画像加工ソフトではなく、世界観を伝えるものだとわかり、独自の世界観を確立。

2016年には、「かんたん!素敵!粘土の世界」を商業出版し、Amazonでクラフト部門3日間1位を取る。

またミニチュア粘土教室は、お教室立ち上げ8年間で4000名を超える人気粘土教室となった。

Photoshopエレメンツを学ぶうち、カメラをもっと極めたいと思い、2019年カメラマン丸山嘉嗣さんから学びなおし、同時にプロフィール撮影など、カメラマンとしての活動を始める。

Lightroom・Photoshop・ストロボも独自で習得。

自身が作品が上手に撮影できるようになったことで、ファンが沢山でき、お教室の集客が楽になった・写真をブログにアップするだけで集客できることになったことから、画像のもつ力を多くのお教室の先生にお伝えしたいと「カメラ講座」「画像加工レッスン」を開催。

透明感あるゆるふわ写真が好評

人を大切にしたい、人が好きというのは変わらず、現在お教室業も天職だと感じている。

 

カメラ講座メールマガジン 登録フォーム