ミニチュア粘土でショップシリーズ ★お総菜屋さん★ 完成

樹脂粘土でつくるミニチュア雑貨・可愛いもの好き女子の粘土教室& カルトナージュ教室の 相子麻美(あいこまみ)です。

一番町・たまプラーザ・宮前平で ミニチュア粘土・ミニチュアクレイクラフト・カルトナージュのレッスンをしております。

 

ミニチュア粘土でショップシリーズ ★お総菜屋さん★

 

先日あべこずえ先生のレッスンで「お総菜屋さん」を制作してきました。

みごとに美味しそうな昔ながらのお総菜屋さんでしょ〜〜。

 

まずは、さばの味噌煮です。

ひかりものの感じがよくでていますよね〜〜。

針しょうががのっています。

 

そしてカレイの煮つけです。

10年ほど粘土をしていますが、はじめてお魚を作りました。

粘土からお魚になるから不思議です。

 

うずら豆と大豆マメ。

大豆マメなんて1㎜ぐらいの大きさなんですよ〜〜。

 

奥にみえるのは、ロールキャベツです。

ちゃんとお肉を作ってからキャベツで包んで干ぴょうで巻いているんですよ。

 

人参・たまねぎ・牛肉・さやいんげんが入った肉じゃがです。

 

大根のそぼろ煮です。

大根がよ〜く煮えていて味がしみていそうですよね。

 

枝豆や干しシイタケ・人参が入ったがんもどき。

 

これどうみてもイワシにしかみえませんよね。

青魚の作り方は感動ものです。

 

エビとイカのチリソース。

青ネギがいっぱい入っています。

 

片栗粉が少し残った感じの鶏のから揚げ。

制作にはとても時間がかかりましたし、自宅で制作していく内容も多かったのですが、見事に完成です。

あっ完成は・・・まだです。

値札やお品書きを書いて完成です。

本当のお料理は、材料を全て切って、調味料も用意し、炒めたり、焼いたりした工程を経て仕上がっていきますが、粘土の料理も一緒です(笑)

素材から作って、それを切って、つつんだり、丸めたり、形を整えて、味をからめていく そんな作業工程でできあがっていきます。

これからの粘土制作に今回のレッスンを応用してまた作品の幅が広がっていくと思います。

 

 

Topへ